多様な薬と瓶

テグレトールは、てんかん発作のけいれんなどの症状を抑制するだけでなく躁うつ病や三叉神経痛、統合失調症などにも用いられる薬です。
カルバマゼピンを主成分とし脳神経の興奮シグナルを抑える薬です。
即効性のある薬ではなく、効果が出るまでしばらく時間がかかります。
白血球減少や血小板減少、肝機能障害、黄疸、薬疹(薬による皮膚疾患)などの副作用の報告があり定期的に血液検査を受け血中濃度を調べることが大切です。
何らかの異常があらわれた場合は服用を中止し、医師に相談する必要があります。

三叉神経は、顔の感覚(触覚、痛覚、冷感、温感等)を脳に伝える神経です。
三叉神経痛は頭部の三叉神経が圧迫されて、顔面に電気のような痛みが起こる病気です。
テグレトールは、神経伝達を抑える作用から三叉神経痛の痛みを和らげる効果があります。
ロキソニン等の鎮痛剤で痛みを抑えらないので鎮痛剤の効果がない場合は三叉神経痛である可能性があります。

躁うつ病(双極性障害)は、抑うつ状態と躁状態が交互に現れる精神疾患です。
躁状態は、気分がハイになってしまい周囲に迷惑を掛けることがあります。
自分で自分を制御できないので興奮を抑える必要があります。
反対にうつ状態は気分がひどく落ち込む状態となります。
テグレトールは脳の興奮を抑える作用があるため気分がハイになってしまう症状を緩和し気分を落ち着ける目的で使用されることがあります。

テグレトールはインターネットなどの通信販売などで購入し自己判断で飲まずに信頼できる病院の元医師に相談をし診察をしてもらうことが重要です。
服用しながら薬がどのように作用しているのか経過観察し自分に合った用法・用量を知ることが重要です。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

人気記事一覧
    最近の投稿
      アーカイブ